先日、東京でジェネピックという経口の抗がん剤の講演会に行ってきました。
 この薬(サプリメント)はがん細胞のエネルギー代謝を抑えてがんを治すという理屈で開発されたものです。

 南アメリカ産のバンレイシ科の植物に含まれるアセトゲニンは抗腫瘍効果があることで以前から知られています。このアセトゲニンががんへのエネルギーの供給を遮断する作用があるようです。

 そこで、このアセトゲニン類を多く含むトゲバンレイシを含むハーブブレンドからなるサプリ「GenEpic (nutranomics社製)」の抗癌作用が注目されているようです。
 マレーシアのMt.Miriam病院では、遠隔転移のあるステージ4期の乳がん患者210名に、GenEpicを6ヵ月投与し、治療有効率97.6%(210名中205名で有効)、消失84.7%(174名)、腫瘍が50%以下に縮小11.4%(24名)、腫瘍が30%以下に縮小1.4%(3名)、現状維持2.3%(5名)と、驚くべき結果が出ています。
  また、アメリカでの前立腺ガン患者60名を対象に、1年間行った臨床試験でも、93.3%(56名)消失、という顕著な結果が認められました。
 

 そこで今回、こうした臨床研究のデータを受けて、日本でも、GenEpicを使用した臨床研究が始まっており、カメイクリニックでも2月より取り入れることにしました。