■自由の女神計画
 夏が過ぎてアメリカの生活にもだいぶ慣れたころ、念願のニューヨーク行を計画した。
自由の女神を見て、つぎにマンハッタンへ行きメトロポリタンミュージアムで印象派をみて、最後にヤオハンで日本食を買いこんでボストンへ帰るというのがスケジュールである。

 飛行機で行くのは楽だが空港からマンハッタンまでタクシーに乗るのはぼられそうでいやだったし、家族で飛行機に乗れば200ドルはかかるので、ここは何といっても車であった。
ボストンからニューヨークまでおよそ400km。朝の6時にボストンを出てお昼までにはニューヨークヘ着くだろうという算段であった。
ルート93から95へ入ってProvidence, Newhavenと南下してやがて5時間、お昼前にニューヨークの入り口にたどりつく。

高速道路代は2ドルであった。道路は3車線にもかかわらず渋滞していた。のろのろ走ると道路脇のごみや、放置されたままの自動車などがいやでも目につく。もちろん、そんな自動車はタイヤやハンドルなどめぼしいものはすでに持ち去られてしまっている。
 窓から見える高層アパートはガラスは破れ、壁は壊れかけていて、いかにもニューヨークの一面を反映しているといった雰囲気である。常日頃、ニューヨークは怖いところで、町を歩いていてスリにあったとか建物の中にひっぱりこまれて身ぐるみ剥がされたというような話を友達から聞いていたので、車の中にもかかわらず子供たちの表情はすでにこわばっている。

 初めての道でこの先どこへ行くのか不安なところもあったが道なりにそのまま走って行くとやがてまわりの景色はやや落ち着いてきて安心する。
やはり、道路のよごれと治安の悪さは正比例するような気がする。
そうこうするうちジョージワシントン大橋という標識が見えてきて方向が間違っていないのを知り安心する。

■女神の導き
 今日の目的は自由の女神を見ることであった。
 マンハッタン側から船に乗るのはいやだと女房どのがのたまうのでニュージャージー側から行くことにしてかねてからガイドブックと地図で研究しておいたように左手にマンハッタン島を見ながらジョージワシントン大橋を渡りハドソン川を越えて順調にニュージャージーターンパイクに入った。
ここまでは予定していたとおりであった。

 ところがここから途中でリバテイーパークへ行く道に通じるインターチェンジに出なければならないのだが、見逃したのか目指す標識が見当たらない。

 ハンドルにしがみつき、道路標識を必死になって仰ぎみながら車を走らせるのだが、高速で走っているとすぐに車線変更できず、また、とっさに標識を理解しなければならず、これがなかなかむつかしい。
どこで高速道路を降りたらいいのかわからない。左手の丘を越えたはるか向こうにはマンハッタンのビル群がかすんでみえる。そろそろ高速道路を降りて海の方へ向かわなければならないはずだ。
 ええいままよと適当なところで降りて海の方へ向かって車を走らせるとジャージーシテイーという町に入った。この町はやや場末の港町というにぎわいがあり、大人の雰囲気と同時にどこか危険な香もしている。
一度、歩いてみたいなという気にさせるが、今日は自由の女神を探さねばならない。

 地図の上からいけば大体よさそうなところへ来ているはずなのだが、ここから先どっちへ行ったらいいかわからない。もちろん自由の女神はどこにも見えない。
しかたなくこの辺りをグルグル回ったが目指す自由の女神はかけらも見えずやがてそうこうするうちスラム街に迷い込みそうになり、あわててUターンした。
もう今回はあきらめようかという気持ちにほとんどなりかけて北に向かって戻かけたころ突然、夕日に照らされた自由の女神の頭がビルの間からかいま見えたのであった。目標が見えれば何とかなる。

 埋立地のようなところをさんざん回ってたどり着いたリバテイーパークからみたマンハッタン島は圧巻であった。ハドソン川をはさんで世界貿易センタービル、パンナムビル、クライスラービルなどの多くの高層ビル群が真っ青な空をバックに目の前にそびえ立っていた。
ビル群をバックに数枚の記念写真をとってから何とか間に合った最終のフェリーに乗り込み、スタッテン島へと向かった。

心地よい秋の風を頬にうけながらフェリーの展望席からあおぎみる女神は苦労してたどりついたせいもあって感動的であった。