最近、眼瞼下垂の手術を受けている人が多くなっているようです。とくに信州大学形成外科の松尾教授が、眼瞼下垂を治療すると頭痛や肩こりがなおると宣伝してから、形成外科で手術を受ける人が増えているようです。わたしは、これは必ずしも
正しくないと考えています。頭痛や肩こりの原因は様々です。眼瞼下垂のある人が手術を受けたら、ついでに頭痛や肩こりも治ったと考えるべきです。頭痛や肩こりを治すために手術を受けるべきではありません。治らないことも多々あります。

また、皮膚側からメスを入れる、いわゆる眼瞼挙筋前転術は日本で多く行われていますが、欠点は傷が目立つことです。びっくりしたような眼になって困っている人もいるようです。
わたしは、できるだけ目立たない治療を心がけています。それはまぶたの裏から切開して、ミュラー筋を縫い縮める方法です。まぶたの表面には傷ができず、腫れも非常に少なく、すぐ仕事に復帰できます。欧米ではこちらの手術の方が主流です。