富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など
ドクトルカメさんのひとりごと

ドクトルカメさんのおしゃべりページ

こころはHeartにありや–1

■心臓移植 麻酔科医の恵子は自分の心臓が拡張型心筋症に侵されているのを十分に知っていた。父親もこの病気で57才の若さで死んでいた。医大卒業後2年目までは何とか仕事にも研究にも耐えることができたが、それ以後は体調がすぐれな …

水の話

■水阪神大震災でなりより困ったのは水が使えないことであったという。飲み水だけでなくトイレも水がなければ流せないじゃないか。ラーメンも作れない。普段、あたりまえにして使っている水道の水だが、ありがたさが身にしみる。ところで …

春祭り

 ■囃子方  先日、久しぶりに故郷の岐阜の田舎へ帰り、春祭りを楽しんできました。 故郷のお祭りは、かって木曽川で筏流しが盛んだったころの伝統を今に伝えるもので、合わせると船の形になる大きな3台の山車が主役です。それを大勢 …

ボストンの冬と地下鉄

  ■北陸の冬  冬にも雷が鳴るのを知ったのは北陸へ来てはじめてであった。冬の雷はブリ起こしともいわれる。季節風が吹き荒れる冬の日本海であぶらののった寒ブリが定置網にかかり、北陸の冬の食卓を飾る。富山では師走に …

アメリカにあって日本にないもの その2~チップ

  ■チップはいくら?~ホテル  日本人がアメリカに行くとき、飛行機に乗る前から心配になることのひとつ。ホテルで荷物を運んでもらう、タクシーに乗る、レストランで食事をするたびに、えーとチップはいくら払えばいいん …

アメリカの空港

 ■星と飛行機 夏になってくると、アパートのベランダに出て5ドルで買ってきた椅子に座り、足を棚に投げだしてぼーっと夜空を眺める機会が多くなった。9階の部屋なのでかなたにはボストンの夜景を望むことができる。慣れてくると西の …

航空券の不思議

■航空券の値段  航空券というものは奇妙なものである。それは値段があってないような現状だからである。というよりもこの規制撤廃、大競争時代にそんな状態があたりまえかもしれないが、アメリカでは2ヶ月前と1ヶ月前と2週間前と2 …

航空会社の無料航空券

■マイレージ客ばかり?  近年、アメリカの航空会社はいわゆるマイレージサービスなる珍奇なものを発明した。そして各会社間の競争やお客の囲い込みが激しくなった。すなわち、これは飛んだ距離が一定のマイル数に達するとその距離に応 …

アメリカの日本料理

 ■アメリカ人の日本食生活  日本料理がアメリカでこんなにポピュラーになっているとは日本を出る前は想像もしなかった。 もちろん、その代表はすしである。恐らく、半分以上のアメリカ人はすしを食べた経験があるのではなかろうかと …

ブルックラインのアパート

 ■難点ひとつ 引っ越したブルックラインのアパートは400世帯が入居できる9階建てのアパートであった。このブルックラインの町は緑が多く、アパートの前は広い公園になっていて子どもたちものびのびと遊ぶことができ環境は大変いい …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © カメイクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.