先日、日経メディカルのアンチエイジング特集「顔のたるみ治療」最前線に、”サーマクールの登場で需要高まる低侵襲たるみ治療”というタイトルで記事が掲載されました。

サーマクールは高周波(ラジオ波)により真皮層と脂肪層の結合組織に熱を与えて収縮させるとともに、コラーゲンの新生をうながすもので、効果的なたるみ治療機器のひとつです。
ダウンタイムの長い治療やリスクの高い治療が敬遠される傾向のある現在において、サーマクールはまさにそうしたニーズに合致したものと言えます。

手術のような劇的変化はありませんが、逆に言えばそのぶん不自然な変化をきたすことがなく、より自然な変化を得ることができ、それが人気につながっているのでしょう。