富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など

注入剤について知ってください

  • HOME »
  • 注入剤について知ってください

プチ整形という言葉の登場とともに、コラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスなどの注入剤の需要は急激に増加しました。
それに伴い注入剤の種類も増加し、近年では長期の持続効果をうたった製品が数多く見られるようになりました。

こうした製品が登場する背景のひとつには、患者さん方のニーズがあるのだと思います。「何度も注射したくない」、「長持ちする方がいい」という気持ちはごく自然なことですが、ここで注意すべき重要なことがあります。

そもそも注入剤は異物です。言ってしまえば、自分自身の組織でないものはすべて異物なわけです。しかし、それらの中には人体に悪影響を与える事のない無害なものから、そうではないものまでさまざまな製品があります。

人間の体はよく出来ています。体にとって無害なもの、つまり親和性の高い物ほど分解吸収されます。治療を繰り返すことで一部が自己組織に置き換わる場合もあります。しかし、明らかな異物に対しては、それを排除しようとしてさまざまな反応が起こります。それが異物(炎症)反応であり、細菌感染を併発することも少なくありません。注入剤は隆鼻術や豊胸術に用いるプロテーゼと違い固形ではありませんので、もしそうした症状が出た場合に取り出すことができません。最悪の場合、周辺の組織ごと除去しなければいけないこともあります。

最近、問題となってきているのがアクアミド(AQUAMID)です。
永久的効果が期待できるとして登場した製品ですが、合併症などの報告がみられるようになってきました。しかしながら、このような製品を現在も積極的に進める施設があることを強く疑問に思います。

さまざまな製品や情報があふれる中で、その実際を把握することは簡単ではありません。しかし、基本的に大切なポイントは①~④のように限られると思います。
①製品名、製造会社を確認する。
②「永久的!」または「半永久的!」という言葉に注意する。
③料金が安すぎると感じたら要注意。粗悪品の恐れありです。
④「最新!」が良いとは限らない。歴史が浅すぎると、副作用の有無がはっきりしません。

当クリニックでは患者さんの状態に応じて、主として次に示すヒアルロン酸、ボトックスを使用しています。

レスチレン・パーレーン (スウェーデン Q-MED社製)

非動物性のヒアルロン酸です。

マクロレーン(スウェーデン Q-MED社製)

粒子が大きいためボリュームを出したい場合に適しています。
※豊胸術に用いられることもありますが、クリニックではあえてお勧めはしていません。

エセリス・エセリスソフト(スイス ANTEIS社製)

目の下など皮膚のうすい部分に適したヒアルロン酸です

ボトックスビスタ (アラガンジャパン社製)

表情ジワ、多汗症、小顔、花粉症などさまざまな治療に用いています。

ボトックスについて
*現在多くのボツリヌス製剤が流通していますが、本来のボトックスと呼べるのはアラガン社製のものだけです。
ヒアルロン酸は万が一不都合が生じた場合にはヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶かす薬を注射することでリセットさせることができますが、ボツリヌス製剤はこのようなことができませんので、より確かな製剤の安全性が求められます。
このため当院では以前よりボトックス(国内販売以前はアメリカアラガン社より輸入)を使用しており、これまでに問題となったケースは1例もありません。クリニックによっては安価な他のボツリヌス製剤をボトックスと呼んでいる場合もあるようですので、治療前に確認をされることをお勧めします。

カメイクリニック高岡院
カメイクリニック富山院
カメイクリニック ネットショップ
PAGETOP
Copyright © カメイクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.