富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など

ワキガ・多汗症

 ワキガの治療

わきの汗が多く臭いも気になる……。こんな症状でお悩みの方には手術をおすすめします。現在のところ、わきがに対する最も有効な治療は手術しかありません。

従来の手術は、わきの中央部に切開を入れて皮膚を反転させて、臭いや汗の原因となる、皮下のアポクリン腺や汗腺をはさみで切除する方法でした。
この方法は眼で直接見ながら切除するので確実なのですが、反面、手術後2週間ほどの厳重な安静が必要であったり、術後皮下に血液がたまりやすかったりする欠点もありました。

当クリニックでは、わきのしわに合わせて1cmほどの切開を入れ、そこから専用の器具を挿入して削り取ってしまいます。

この方法は皮膚のダメージを抑えつつ汗腺組織をしっかりと除去することができます。従来の方法に比べて運動制限も少ないため入院の必要がなく、早期に仕事へ復帰することが可能です。

 多汗症の治療

臭いはあまり気にならないが、わきの汗を減らしたい……。そんな方もたくさんおられます。当クリニックでは患者さんのご希望に合わせて、以下のような治療を提供しています。

  <<ボトックス注射>>

汗腺を支配する神経の働きをおさえることで、汗の量を減らします。
治療はわきの皮膚に注射するだけですので、非常に簡単で副作用もありません。
効果は半年から一年くらいですので、必要に応じて注射を繰り返すことで、効果を維持できます。傷あとをまったく残したくない、手術はこわいという方に非常に良い方法です。
当クリニックでは、両側で60単位~100単位を注射します。多い方が効きがよく、長くもちます。


わきボトックスを注射すると、汗が非常に少なくなります。

効果は約1年です。
わきの汗が気になる人にはとてもいい治療法で、
副作用もありませんし、日常生活に制限がありません。


ボトックスについて
アメリカでボトックスによる副作用例が報告されたという報道がありますが、
米国アラガン社の18年間の症例の追跡調査からボトックスによる重篤な副作用があった症例は1例もありません
カメイクリニックでは安全性を第1としており、米国FDAに認可された唯一のボトックスを使っております。
他のクリニックでは安い信頼性に疑問のある ボトックスを使っている所もあるようです。
ボトックスを希望される方は米国アラガン社のボトックスかどうか確認して施術されることをおすすめします。

 <<手術治療>>

わきがの手術と同様です。

 

~ワキガ・多汗症についてより詳しく~

 ごく簡単に言うと、一般的にアポクリン汗が細菌により分解されることにより臭いが生じ、この臭いが特に強い場合を「ワキガ」といい、エクリン汗の著明な分泌状態を「多汗症」と呼んでいます。
しかし、腋はこれら2種類の汗腺が混在している部位でもあり、実際にワキガと多汗症を明確に分類するのは難しく、ほとんど同義的に扱う場合が多いのです。

 治療にうつる前に診断が大切なのは言うまでもありませんが、臭いや量の感じ方というものは極めて感覚的なもので、非常に主観性の強いものであると言えます。
ですから、自分はワキガなのか?あるいは、自分は多汗症なのか?
それらを正確に客観的に判断することは非常に難しく、言いかえれば、ご自分が気にされるのであれば、それは充分に診察や治療の対象となるのではないかと思います。

 現在、さまざまな治療法がありますが、最も効果的な治療法は間違いなく手術です。クリニックではボトックス注射による治療なども行っていますが、最も多いのはやはり手術です。

 

手術について

手術法にはいくつか種類があります。さらにはクリニックごとにさまざまな名称をつけて呼んでいる場合もありますが、手段は違えどもその目的はすべて同じであり、汗腺組織を除去してしまおうというものです。

アポクリン汗腺もエクリン汗腺も共に真皮層に存在しますので、どんな方法であれ、あまりに短時間の簡単な操作では取れませんし、逆にすべてを完全に取り去ることもできるわけではありません。

また、これらの組織はもともと存在する正常組織であり、腫瘍などのように後から発生したものではありません。したがって、周囲の正常組織をまったく傷つけずに汗腺組織のみを破壊または除去することは不可能です。汗腺組織をできるだけ除去しようとすればするほど、正常組織も痛めることになり、その結果、術後制限が厳しくなったり、手術跡が目立って残ってしまったりという可能性が高くなってしまうのです。

手術法の違いはあっても、残念ながらこの原則は変えることができません。そのなかで、できるだけ患者さんへの負担が少なく、且つ、できるだけ効果の高い方法を選択することが重要になります。

手術時間も非常に短く、術後の制限もなく、通院の必要もない。
こうした広告を見かけることがありますが、そんな簡単な話ならば誰も苦労しないのです。

現在、当クリニックで行っている手術はクアドラカット法と呼ばれるもので、皮下を吸引し陰圧を加えながら高速回転する刃で汗腺組織を削り取る方法です。もちろん、皮膚を巻き込まないための工夫もされています。


では、それ以外の治療は意味がないのか?というと、そんなことはないと思います。
患者さんによって症状の程度が違うように、ライフスタイルも人それぞれです。手術が理想的であっても、いろんな事情でそれが難しい場合も多々あります。
しかし、そこであきらめてしまっては、せっかく悩みを相談していただいた甲斐がありません。
大切なのは単に「ベストな方法は何か?」ではなく、
『その方にとってのベストな方法は何か?を考えることだと思います。

 腋の汗で悩んでおられる方は本当にたくさんおられます。
残念ながらこの悩みはご本人の気合だけでは解決しません。よりよい解決策を得るためにも、専門医の診察を受けていただくことをおすすめします。

 これまで数多くの症例を経験し、常によりよい治療法を求めてきました。
もちろん、実際の治療はよいことばかりではありません。それぞれに長所、短所があります。クリニックではそれらも含めてすべてお話しますので、
一緒に『自分にとってのベスト』を探していきましょう。

 

重要!

まず、脱毛は医療行為です。
当然ながら医療機関でしか行ってはいけません。

ここからが本題です。
エステで脱毛歴のある方を手術する機会も多いのですが、その場合、皮下に瘢痕がたくさん生じているため、それがスムーズな手術の妨げになるケースがあります。

ワキガや多汗症で悩んでおられる方では、症状の改善を期待して脱毛をされる方も珍しくありません。しかし、それでは解決しないばかりか、医療レーザーによる脱毛ではないために、知らないうちに上記のような瘢痕ができていることがあります。
一見、皮膚表面はキレイでやわらかくても、皮膚の裏側はそうではないのです。
ですから、脱毛も手術も一貫して信頼のおける医療機関で受けられることを強くおすすめします。

予約制です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0766-29-2555

PAGETOP
Copyright © カメイクリニック高岡院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.