富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など

まぶたのたるみ・クマ

まぶたの訴え

○上まぶたのたるみとくぼみ

 眼瞼下垂
 上まぶたの問題で一番多いのが眼瞼下垂です。
 これには先天的な場合と後天性の場合があります。
 後天性で一番多い原因は長年のコンタクトレンズの使用です。
 まぶたを持ち上げる作用がある上眼瞼挙筋はまぶたの瞼板と言われる部位にくっついているのですが、
 眼瞼下垂はここが外れてくるのが原因と言われています。若い人でも流行りのカラーコンタクトなどで
 眼瞼下垂が起こるケースもあるようです。
 眼瞼下垂の治療は手術しかありません。多くは病院の形成外科や眼科で行われていますが、日本では、
 有名な信州大学の元教授の松尾先生が皮膚の表面から切開して、挙筋を瞼板くっつける手術を
 広めたため、どこの病院でも皮膚側から切開しています。
 しかし、この方法は術後、腫れや傷あとが目立ち、とくに中高年では顔貌が変わってしまって悩まれる方も
 少なくありません。病院では病気を治すという意識が強く、術後、目立つことは仕方がないという意識で
 おこなっているところがほとんどです。
 また、上手な術者でないとまぶたが綺麗に上がらなかったり、開瞼が不十分だったり、
 左右差が目立つことがあります。
 わたしはできるだけ早く仕事に復帰していただくようダウンタイムの少ない手術をしています。
 それはまぶたの裏側から手術する方法です。
 この方法ではほとんど腫れが目立たず、きれいなまぶたのカーブを描き、顔貌に違和感は全くありません。
 二重まぶた希望の方には同時に手術をすることもできます。
  
 くぼみ
 次に訴えの多いのが上まぶたのくぼみです。
 これは眼瞼下垂が影響している場合もあります。
 その場合は、眼瞼下垂を直すとくぼみも改善します。眼瞼下垂がない場合は、くぼみを改善するために
 簡単なのが、PRP(多血小板血漿)や脂肪、ヒアルロン酸を注入する方法です。
 これは来院当日でもできます。また、二重瞼手術をしても改善することがあります。
 まぶたのくぼみを改善すると若々しくなります。

 ■ラインの乱れ 
 他に上まぶたで訴えが多いのは二重まぶたが三重瞼になったり、二重のラインが乱れてくることです。
 この場合も二重瞼手術を行います。
 中高年になると、上まぶたの外側がだんだん垂れてくることが少なくありません。
 皮膚性の眼瞼下垂です。こうなると二重瞼の幅も外側が狭くなってきます。極端になると外側の視野も
 制限されてきます。このような場合は皮膚がたるんできているので、たるんだ皮膚を切除します。
 その場合、二つの方法があります。
 一つは眉毛の下端に沿って皮膚を切除する方法です。
 眉毛に沿って傷跡ができますが、この部位は半年くらいでほとんど傷跡がわからなくなります。
 また、目の印象を若い頃の表情に戻すことができます。
 もう一つは二重瞼線に沿って皮膚を切除する方法です。
 この方法はくっきりとした二重まぶたを作るのにはいいのですが、表情がきつくなったと言われることが
 あります。やがては落ち着いてくるのですが、しばらく我慢の期間があります。
 
 どこのクリニックでも二重瞼線に沿って全切開することが多いようですが、わたしはできるだけ
 目立たないようにするため、部分切開法をお勧めしています。

 このように手術で改善させますが、たるみが軽微な方や手術を希望されない方には
 レーザーによる引きしめを行います。

 

<<皮膚切除>>

 全切開式二重まぶたの手術に準じて余分な皮膚を切除しますが、
 軽い場合は部分切開法でも改善できます。
 その場合、手術後の腫れが目立ちません。

<<眉毛下皮膚切除>>

 全切開のようにまつ毛側で皮膚を切除するのではなく、眉毛の下で切除します。
 術後の腫れが少なく、傷跡も眉毛のメイクをすることでほとんどわからなくなります。
  ※料金表はこちら

<<レーザーアイリフト>>

 フラクショナルレーザーを上まぶたに照射することで皮膚のたるみを引きしめます。
 ラジオ波治療器のタイタンを用いることもあります。
 1回でも効果は出ますが、定期的に数回行う方が効果が安定します。
 たるみが軽微な方や、手術を希望されない場合に行います。

 

<<ヒアルロン酸注入脂肪注入>>

 上まぶたのくぼみに対して行います。
 ヒアルロン酸の場合は1~3ヶ月おきに3回くらい注入すると非常に効果があり長続きします。
 脂肪の場合は、注入された脂肪がすべて残るわけではなく、半年ほどの間に約30?50%が吸収されます。
 そのため、必要であれば追加注入を行います。
 半年を過ぎても残った脂肪はそのまま定着します。

 

○下まぶたのたるみ・くぼみ・クマ

下まぶたの治療で重要なことは、取り去ることばかりではなく、段差を解消することにあります。
そのため、ふくれている部分の脂肪や皮膚を除去しなくても、その下部のくぼみにヒアルロン酸や脂肪注入、成長因子を併用した切らない若返り治療を行って段差をなくせば、たるみが目立たなくなり、若々しい表情になる場合がよくあります。逆にただ取り去るだけでは、そこもくぼんでしまい、余計に疲れた顔に見えることがあります。

<<脂肪除去>>

 下まぶたの裏側から切開し、飛び出てたるんだ眼窩脂肪を除去します。
 切開部は縫合せず、自然に治ります。

<<ヒアルロン酸注入脂肪注入>>

 下まぶたのふくらみと、ほほ部の境い目の段差をなくすことで、若々しく張りのある顔立ちになります。
 充分にボリュームを出したい場合には、脂肪注入の方が適しています。
  ※料金表はこちら

<<PRP(多血小板血漿)>>

 PRP(血小板血漿)療法は、成長因子を併用した切らない若返り治療です。
そして、若返り治療を行う上で、それが「自然な感じ」であることは極めて大切なポイントです。
 目の下や頬部、法令線、口まわりなど、加齢変化が出やすい部位を、張りのある若々しい状態に
 改善させます。
 さらに、長期にわたりその状態を維持することが可能です。
 *成長因子を用いた治療に対しては賛否両論ありますが、「成長因子を用いること」
 そのものが悪いのではなく 、「適正に用いないこと」が問題なのだと考えています。
 当院では自らが治療を受けた医師をはじめ、多数の患者さんを経過観察していますが、
 これまでに問題となる副 作用が生じた症例はありません。

   
   
 

下瞼のふくらみが目立ちます。
年齢いくとどうしてもこういう 
変化が起こってきます。   
これは眼の中の脂肪が前に 
出てくることによって起こります。

  多血小板血漿(PRP)を注射
した直後です。すぐ、眼の下
の脂肪は目立たなくなります。
亀井院長の顔です。7年目の
今も変わっていません。   
 

   
  眼の下のクマが目立ちます。
これは色素沈着や静脈の色、
影など絡み合って出来た色調で、
従来の治療ではよい結果が  
出せませんでした。        
  多血小板血漿(PRP)を注射
して2週間後です。      
手術をしたりするよりはるかに
良い成績が得られています。
多少、内出血するところは
ありますが、眼鏡やお化粧で
カバーでき、日常生活の制限も
ありません。         

 

<<水光注射>>

 ボトックスやヒアルロン酸、プラセンタなど美肌のために効果的な成分をダイレクトに
 お肌に注入することができます。
 美白やお肌のハリを求める方におすすめいたします。

 ※富山院で治療できます。

予約制です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0766-29-2555

PAGETOP
Copyright © カメイクリニック高岡院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.