富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など

がん治療自己リンパ球免疫療法

  • HOME »
  • がん治療自己リンパ球免疫療法
わたしが癌免疫療法を始めた理由

平成23年11月よりANK癌免疫療法をはじめました。

じつはいままで、何人か癌の末期の方がこられました。何も楽しみがないので、せめてしみを取って心を晴らしたいと訴えてこられました。わたしは癌には何もしてあげられなかったのですが、自分自身が癌になったことを考えても、何か、副作用の少ない治る治療法はないものかと考えておりました。

そんなとき、ふと出会ったのがこのANK癌免疫療法だったのです。もちろん、万能ではありませんが、抗がん剤と違って体を傷つけることなく、完治する可能性を秘めたものでした。いわゆる癌難民といわれる方に希望を持ってもらいたいと思い、カメイクリニックで始めることにしました。現在、北陸でこの治療法をうけられる病院、クリニックはどこにもありません。

準備を整えて、さあ、と思った矢先、なんと患者第一号は私の兄だったのです。胃がんと大腸がんが見つかりました。このANKリンパ球療法が効果があればいいなと願っています。

 

ANK(Amplified Natural Killer)療法は、免疫細胞療法と呼ばれる、がん治療の一種です。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、常に体内をパトロールし、がん細胞を破壊します。
ANK療法とは、患者さんのリンパ球に含まれるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を取り出し、活性化・増殖させ、点滴で体内に戻す、免疫細胞療法です。

ANK療法のメリット

ANK細胞は、がんの部位、原発性、転移、再発を問いません。
(脳など、一部ANK細胞が届きにくい部位もあります)

ANK療法は患者さん本人のリンパ球を用いますので、正常細胞を傷つけません。

長期にわたる副作用がないので、普段通りの生活が可能です。
ただし、治療後一時的な高い発熱などの副作用があります。

術後の再発予防に有効です。

分子標的薬とも併用も効果的です。

詳しくは→リンパ球バンクのHPへどうぞ

当院での治療の流れ

治療は1クール12回、標準で週に2回の点滴を行います。
まずは担当医とご相談のうえ、診察にお越し下さい。
治療をはじめるにあたり、まず京都のクリニックで採血しリンパ球を取り出します。
その後、カメイクリニック高岡院・富山院にて点滴を行います。
治療後は一時的に高い発熱や倦怠感を伴いますので、ご家族の方などとご一緒にお越し下さい。

診察のご予約は
高岡院0766 (29) 2555
富山院076 (439) 5193
までお電話ください。

カメイクリニック高岡院
カメイクリニック富山院
カメイクリニック ネットショップ
PAGETOP
Copyright © カメイクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.