富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など

顔のたるみ

たるみの治療方法

PRP(血小板血漿)療法

PRP(血小板血漿)療法は、成長因子を併用した切らない若返り治療です。
そして、若返り治療を行う上で、それが「自然な感じ」であることは極めて大切なポイントです。
目の下や頬部、法令線、口まわりなど、加齢変化が出やすい部位を、張りのある若々しい状態に改善させます。さらに、長期にわたりその状態を維持することが可能です。

*成長因子を用いた治療に対しては賛否両論ありますが、「成長因子を用いること」そのものが悪いのではなく 、「適正に用いないこと」が問題なのだと考えています。

当院では自らが治療を受けた医師をはじめ、多数の患者さんを経過観察していますが、これまでに問題となる副 作用が生じた症例はありません。

   
   
  ほうれい線からマリオネットラインに
かけて細かいしわが目立ちます。
  PRP療法の術後2週間です。細かいしわが
ほとんどなくなっています。
この状態で5年間は大丈夫です。
   
   
  白内障の手術後、自分がこんなにしわが
よっていると初めて気付いたそうです。
  1回のPRP治療でここまで改善しました。

 

サーマクールCPT

”切らないフェイスリフト”を実現する「サーマクールCPT」による治療です。
これまでのサーマクールは治療時の痛みが最大の欠点でしたが、この「サーマクールCPT」ではその点が改善され、麻酔の併用が不要になりました。
また、RF(ラジオ波)の照射にも改善が加えられているため、より効果的な治療が可能になりました。
傷跡を残すことなく自然な感じにリフトアップできます。
 ※詳しくはこちらへ

ショッピングリフト

糸を用いたたるみ治療です。
極細の注射針で糸を皮下直下に埋め込んでいきます。これまでのスレッドリフトよりもたくさんの本数を埋め込みますが、針や糸が細いため術後の腫れもほとんどなく、傷も残りません。
糸は自然に吸収されるため、後から糸のトラブルはありません。
また、塗り薬による表面麻酔だけで行えるので、何回も麻酔の注射を打つ必要がありません。

 
 
顔のたるみが気になって来院されました。
頬のこけとたるみが目立ちます。
  麻酔のゼリーを塗って1時間してから、
”ショッピングリフト”という
細い溶ける糸を片側50本入れました。
術後2週間後です。
よくたるみが改善していると思います。

※サーマクールとショッピングスレッドのセットでの、小顔・たるみ治療も行っております。
ふたつを組み合わせることによりさらに効果を高めます。

 フェザーフェイスリフト

さらに、フェザーフェイスリフトも行っています。
これは、アプトスという、ひっかかりのある糸を皮下に埋め込んでフェイスリフトする新しい方法です。
腫れが少なく、傷あともほとんどわかりません。
このポリプロピレン製の糸には写真のようなギザギザな特殊加工がされており、これが皮下組織を引っ掛けて、たるみを矯正します。

ハッピーリフト

特殊な糸アプトスを用いて行なうフェザーリフトのラインナップ、「ハッピーリフト」。

最大の特徴は”糸が溶ける”ということです。
また糸の色も透明なため、アプトスに比べより目立ちにくくなっています。
糸の長さは、10cm程度です。

糸は術後8ヶ月目頃より溶けるため、その頃には糸の周囲にはすでにコラーゲンのトンネルが形成されており、それがリフティングやタイトニング効果を維持します。
すなわち、効果を残しつつ、異物は残さずにすむということが可能になったわけです。

フェイスリフト

頬を中心としてたるみの目立つ方に行っています。

耳の前に切開を入れ、皮下の筋膜を縫縮して引き上げた後、余った分の皮膚を切除します。この際、切開が側頭部にかかることがありますが、髪の毛で隠れるので傷あとは見えません。
抜糸は1週間から10日目です。
手術は局所麻酔で行いますので、入院は必要ありません。

手術後の腫れなどは時間とともに自然にひいていきますので心配ありません。傷あとは3ヶ月ほどは赤みがありますので、肌色のテープを貼ってカバーしていただきますが、ほとんどの方は髪の毛で隠れて見えません。

どうしても傷跡が心配な方には、毛髪内のみの切開によるミニリフトが良いでしょう。この場合、傷跡はすべて髪の毛に隠れます。

◆フェザーフェイスリフト、ハッピーリフトは局所麻酔、ショッピングスレッドは塗り薬による表面上の麻酔です。細い注射針を用いて糸を通すだけですので、従来のようにメスによる傷跡は残りません。針の跡が数日残る事がありますが、自然に消えていきます。
患者さんの状態を診察し、それぞれの方に最適の手術を行います。

その他の治療

ファームアップ:近赤外線レーザーを用いて、皮膚の温度を高めてリフトアップを促す方法です。
ダウンタイムはなく、とても気持ちのいい治療法です。
2週間に1度を3~6回行います。(高岡院へお問い合わせ下さい)
 ※詳しくはこちらへ

レーザーアイリフト:フラクショナルレーザーを用いて、上まぶたのたるみを改善させます。まだ手術などは不要だがたるみが気になり始めた方や、手術はイヤだが少しでも改善させたい方などに好評です。
2~3週間おきに合計5回(1クール)を目安とします。その後は数ヶ月おきに継続されると、より良いでしょう。

タイタン:赤外線が真皮全体に働きかけ、深部よりお肌を引き締めます。(高岡院へお問い合わせ下さい)
 ※詳しくはこちらへ

ゼオスキンヘルス:徹底したスキンケアプログラムでお肌を再生させます。

メソボトックス:ボトックスを細かく皮フに注射することで張りと引き締め効果を得ます。

予約制です。お気軽にお問い合わせください TEL 076-439-5193

PAGETOP
Copyright © カメイクリニック富山院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.