富山の美容外科・皮膚科クリニック。しみ・しわ・脱毛・二重まぶた・ワキガ、多汗症治療など
ドクトルカメさんのひとりごと

ドクトルカメさんのおしゃべりページ

ロシア語の本

 ■カメさんがびっくりした、日本のシンドラーと自分の関係  小さいころ、確かわが家の本棚に数冊の古ぼけたロシア語の本が置いてあったのを覚えている。 焦げ茶色の地にはげかかった金色の独特のロシア文字がうかんでいた。しかし、 …

ボストン美術館

■世界に誇るボストン美術館、初体験  ドクトルカメさんは子供のころから絵が好きで、通知表の図工の欄には中学までいつも5がついていたのが自慢だった。 大学を卒業してからはあまり、絵筆を握ることはなかったが、数年前から病院に …

クオーターとパーキングメーター

■クオーターの基本的な使い方  アメリカではハワユーのつぎに大切なのはクオーターである。 日本円にして高々20円ばかしの小銭が必需品なのである。日本でいえばこれは間違いなく100円玉の役割である。電話、コインランドリー、 …

タングルウッドの音楽会

 ■いざ、タングルウッドへ  ボストンでもうひとつ有名なのは、小澤征爾氏率いるボストン交響楽団である。 地下鉄のガバメントセンター駅からグリーンラインに乗ってシンフォニー駅で降り地上へ出るとすぐシンフォニーホールである。 …

クリスマスの思い出

■ジングルベルの12月  季節は12月である。肌寒い日々が続き、降る雨にもシャーベットのようなものが混じるようになると家路への足もしらずしらずのうちに早足になる。ただ、夕暮れが早くなるので街のあかりが夏のころより目にほん …

JFKの生家とアメリカのケーキ

 ■朝夕、家を見ながらの楽しい散策。  アパートの周囲には瀟酒な一軒家が立ち並ぶ住宅街がひろがっていた。 手入れの行き届いた緑の芝生に煉瓦の家、あるいは白くペンキ塗りした木造の家が、こんもりと生い茂った木々の中にゆとりを …

クインシーマーケットとホットドッグ

  ■1日たのしめるクインシーマーケット  ボストンの海沿いのウオーターフロントを再開発したクインシーマーケットは観光客ばかりでなく地元の人達にも大変人気のあるスポットである。 昔からある倉庫群を煉瓦の外壁のみを残してリ …

飛行機大國アメリカ

  ■夜空に浮かぶは……  夏になって暑くなるとアパートのベランダに出て5ドルで買ってきた椅子に座り足を柵に投げ出してぼーと夜空を眺める機会が多くなった。 9階の部屋なのでかなたにはボストンの街の夜景を望むことができる。 …

引っ越し顛末記—その2

  ■ああ、いきちがい…  ミセス ウイリアムスは”お昼ごろならいけるかもしれない。もう一度電話を”というので、倉庫の前で昼まで待って電話をいれた。そうするとまたハズバンドがでて、”いまはワイフは出かけていない”という。 …

引っ越し顛末記—その1

 ■家具を借りるために、トラックを借りるハメに。  マサチューセッツ総合病院にサービスリーグという組織があった。組織といっても机と電話があり、ボランテイアのおばさんが座っているだけである。 ボストンに来た早々、力になって …

« 1 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright © カメイクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.